【高野 謙二】 作品一覧


P-28 (No.0037)

Updated on 2008年08月22日

0037b



C-92 (No.0036)

Updated on 2008年08月22日

0036b

 

解説:砂に埋めたその日に、眠れずに見開くふるえ潰えたいくつもの幾億の幾千の予感。神話にもない傍若無人な振るまいに、高ぶる覚悟を抑えきれず砂に埋めた。

C-75 (No.0035)

Updated on 2008年08月22日

0035b

解説:夏が来る前にいなくなってしまった、私の魂。きっと明日の昼過ぎには帰って来るはず、だって夏が来るのに。いつだったか記憶の中にもないキミの生年月日、切れ味鈍いいつかのナイフの背にも見当たらないキミの生年月日、思い出そうとしても咄嗟に忘れてしまう私の指先、ほらもうすぐ夏が来るのに、いなくなってしまった私の魂。

C-88 (No.0034)

Updated on 2008年08月22日

0034b

解説:もうすぐ見えるよ、あの防波堤に隠れ息を殺して涼しい目をした永遠で孤独な藍色が、陽気な気持は見せないようにそっとあなたの足許に這いずり回る、廻る、回る、希望と永遠のどちらをあなたは選ぶのか、やけに寒い夏の日の13時25分、溶けだしたアイスクリームを汗を吹き出しながら、震え頬張る無邪気な君に誕生日をさし出す。上目使いで夢見る君にもう一度さし出す溶けだしたアイスクリーム、もう二度ともとには戻れないと笑いをかみ殺す。そんな風に今まで生きてきたあなたに幸多かれ、ウタカタの毎日が空回るカタコト、片言。

C-77 (No.0033)

Updated on 2008年08月22日

0033b

作品を検索する



現在のオススメ作品

画像をクリックすると拡大されます。 0063b 0216 0214 0174 0209 0101 0121

夢ギャラリーをもっと楽しむ